らくらく教科連絡

無駄なく漏れなく連絡

これまでの教科連絡は、教科係が明日の持ち物や宿題などの連絡事項を黒板などに記載し、全員がそれを書き写すという形で行われていました。そのため、帰りのHRに時間がかかったり、伝え漏れや写し間違えなども発生してしまうという声をお聞きしていました。

デジタル生活ノート(通称:Dノート)では、教科係が連絡ボードに必要事項を入力すると瞬時にクラス全員に共有されます。伝え漏れや写し間違えが軽減し、無駄な時間を省き、情報共有することができるようになります。

生徒画面>教科連絡ボード

先生画面では、連絡内容や入力者を確認した後、承認することができます。

先生画面>承認

TOP